どっちに出せばいい?スマホ修理業者の選び方!

>

正規業者・非正規業者の修理申込の流れ

修理申込から返却までの流れを知る

まず正規業者に修理申込をする場合、店舗への連絡から始まります。電話・メールを使って予約申込を行った上で修理に出します。この場合、郵送キットが送られてきたり自分で発送したりと方法は様々です。
修理に出す期間は1~3週間、年末年始やお盆、店舗の忙しさによっては1~2ヶ月時間がかかる事もあります。返却された端末と一緒にどんな不具合であったのか?どんな修理をしたのか?などの修理報告書が入っている事がほとんどです。
非正規業者の場合は店頭へ持込を行い、その場で修理をしてもらいます。不具合にもよりますが10分~2時間程で完了し、そのまま返却してもらえるのでスピーディです。
但し修理報告書などはありませんので、口頭で不具合内容を確認するしかありません。

知っておきたい注意点とは?

スマホを修理する際に知っておきたい知識と言えば「どの程度操作が出来るのか?」です。これを把握していれば自分でデータをサルベージ出来るのでデータ紛失のリスクを回避出来たり、業者へ依頼して高い金額を支払ったりする事はありません。
不具合を確認したら、まず起動が出来るのかを必ず確認して下さい。修理に出す際に普段はどんな動作なのかだったり、何をしてから不具合が生じる様になったのかを伝えたりするのも良いです。
店舗の方も出来るだけ情報があると不具合を特定しやすいですし、ピンポイントで修理をするのでコストが安くなるケースもあります。正規品に関しては事前に代替機の有無を確認する為、サポートセンターへ問い合わせをするのも良いです。


この記事をシェアする